窓の大きさをあまり重視しなかったため1階リビングが暗くなってしまった

南向きの土地で遮るものもなく、当然陽当たりも良いので必然的にリビングも明るくなるものと考えており、窓の大きさを重視しなかったため、特に1階リビングが暗くなってしまった。

西側にも窓を設けるか、吹き抜けを作っていれば明るかったのではないかと思っている。

今みで住んでいた家がマンションだったために、1階が2階よりも暗くなるということを知らなかったのも失敗の一つの原因である。

意外と窓の小さな2階の部屋や心配していた北側の部屋の方が明るい結果となっている。

また、朝と夕方での日の入り方も考えるべきだった。

朝は比較的明るいが正午を過ぎると暗くなってしまう。

これはリビングを東に、玄関を南西に出っ張って作ってしまったことが原因である。

正午を過ぎると玄関の出っ張っりでリビングの掃き出し窓が影になってしまっている。

設計士との打ち合わせで採光についての時間をとり、シュミレーターを使ってわかりやすく提案してもらえる住宅メーカーであれば、このような失敗は少なく済むのではないかとも思う。

もし次回家を建てることがあれば、土地の陽当たりの良さだけに安心せず、部屋に注がれる光の量まで十分に考えた上で設計していきたいと思う。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>伊勢崎市の注文住宅